日経ビジネス 2003/01/20号

本 新刊の森●パーソナル 「タカラ」の山
“V字回復”の要因を探る
『「タカラ」の山』

 1990年代、タカラは重大な経営危機に瀕した。創業者の後を継いだ長男は「組織経営」を掲げ、部門の細分化、権限の委譲などを進めたが、官僚主義や減点主義などの弊害を招き、業績が急速に悪化した。2000年、社を離れていた二男・佐藤慶太社長が就任。抜本的な改革に乗り出すことで、タカラは“V字回復”を遂げる。(82ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:635文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
タカラトミー
update:19/09/24