日経ビジネス 2003/01/20号

技術&イノベーション リポート
コンクリートリサイクル 老ビル解体、即構造材に再生

 丸ビル(2002年9月開業)、カレッタ汐留(2002年12月開業)、六本木ヒルズ(2003年4月開業予定)…。東京都心部では今、大規模な再開発が行われ、複合商業施設を持つ高層ビルが次々と完成している。 しかし一方では、老朽化したビルなどを解体する際に廃コンクリートや鉄骨など膨大な量の建築廃材が排出されている。こうした建設廃棄物は国内の全産業廃棄物の約2割を占めるほど。(90〜92ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3881文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 建築資材
建設・不動産 > 環境・エコロジー(建設・不動産) > その他(建設・不動産関連のエコロジー)
建設・不動産 > 建設・建築 > 建築資材
医療・バイオ > バイオ技術 > バイオ新素材
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(建設・不動産関連のエコロジー)
ビズボードスペシャル > 素材 > バイオ新素材
【記事に登場する企業】
コンクリート再生材高度利用研究会
清水建設
清水建設技術研究所
東京団地倉庫
東京電力ホールディングス
三菱マテリアル
update:19/09/24