日経ビジネス 2003/01/20号

マーケットへの提言 リポート
さよなら「高株価企業」 投資単位を引き下げ、個人投資家を呼び込もう

 株価2000円と140万円——。1ドル=120円換算で株価の絶対水準を比べると、日本のヤフーは親会社に相当する米国のヤフーをざっと700倍上回る「高株価企業」になる。 だからといって日本ヤフーが米国ヤフーより圧倒的に成功しているというわけではない。売上高でも時価総額でも米国ヤフーは日本ヤフーを上回る。 実は、これでも日米ヤフーの株価格差は縮まっているのだ。(110〜112ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4269文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > その他(国内経済)
【記事に登場する企業】
イトーヨーカ堂
キヤノンマーケティングジャパン
米ナスダック
日産自動車
日本証券業協会
日本マイクロソフト
富士フイルムホールディングス
みずほホールディングス
ヤフー
米ヤフー!社
米ルーセント・テクノロジー社
update:19/09/24