日経ビジネス 2003/02/03号

時流超流・トレンド
「スラマー」は日本も襲う ブロードバンド先進国、韓国の意外な脆さ

 韓国で起きたインターネットの一時的な機能停止は、皮肉にも“ブロードバンド(高速大容量)先進国”の脆さを証明する結果になった。 韓国では1月25日の午後から断続的にネットへのアクセスが不能になり、半日以上にわたって電子メールや電子商取引を含むすべてのサービスに影響が出た。週末だったのが不幸中の幸いだが、被害総額は数百億ウォン(数十億円)とも言われている。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1674文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > その他(インターネットサービス) > その他(インターネットサービス)
情報システム > サーバーアプリケーション > データベース
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > バグ・セキュリティホール
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
情報システム > システム設計・開発 > データベース
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > データベース
【記事に登場する企業】
韓国・アンラボ社
日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)
米マイクロソフト社
ラック(セキュリティ)
update:19/09/24