日経ビジネス 2003/02/10号

時流超流・トレンド
「湾岸」再現の期待は禁物 イラク攻撃、原油反落シナリオに死角

 米軍などが2月末から3月にかけてイラクへの軍事行動に踏み切るとの観測が強まってきた。2月はイスラム教徒の巡礼月に当たり、中でも中旬前後までが最も重要な時期とされる。14日には国連査察団が安全保障理事会に追加報告を行う予定で、これらの「イベント」が終われば、攻撃の環境が整うとの見方が浮上している。イラク攻撃は原油市場などにどのような影響を及ぼすのか。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1623文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > その他(エネルギー事業)
政治・経済・社会 > 国内経済 > その他(国内経済)
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > その他(エネルギー事業)
update:19/09/24