日経ビジネス 2003/02/10号

時流超流・トレンド
看板商品「バイオ」の変調、音楽事業の不振 好調ソニーに2つの悩み

 2002年度の第3四半期(10〜12月)で、四半期決算としては過去最高となる連結純利益を達成したソニー。「スパイダーマン」「MIB(メン・イン・ブラック)」などの大当たりソフトを連発した映画事業で大いに稼ぎ、連結純利益は1254億円と前年同期に比べ1.95倍に膨らんだ。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3123文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
パソコン・デジタルギア > パソコン本体・ホームサーバー > その他(パソコン本体・ホームサーバー)
【記事に登場する企業】
ソニー
米ソニー・ミュージックエンタテインメント社
update:19/09/24