日経ビジネス 2003/02/10号

ひと烈伝 人物
大植 英次 氏[大阪フィルハーモニー交響楽団次期音楽監督] 巨匠の遺志を継ぐ情熱家

 2002年12月、大植英次は東京の読売日本交響楽団から招かれ、NHK交響楽団への客演以来、3年ぶりに日本の指揮台に立った。14日に読響との共演を終えると、1日だけ休み、翌週初めにはもう、大阪にいた。 「4月に音楽監督としての仕事をまっさらの状態で始められるよう、大フィルの楽員とは一切、個人的に接触しない」と宣言。(102〜104ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5496文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
大阪フィルハーモニー交響楽団
update:19/09/24