日経ビジネス 2003/02/17号

時流超流・トレンド
本番は「1兆円」の後に来る みずほのローラー作戦、成否を握るのは“業績”

 2月5日の臨時株主総会、6日の取締役会での正式決定を受け、みずほフィナンシャルグループの取引先企業に対する増資要請ラッシュが始まった。みずほでは昨年末から主要取引先に対して内々に増資引き受けの打診を始めており、主要取引先からは内諾を得ていると言われるが、増資は1兆円という空前の規模。営業部隊総出で要請に走り回っている。(8ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1732文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
【記事に登場する企業】
みずほ銀行
みずほコーポレート銀行 
update:19/09/24