日経ビジネス 2003/02/17号

時流超流・トレンド
ヤナセ、伊藤忠主導で新体制 脱「ベンツ依存」へ。従業員の意識改革がカギに

 日本の輸入車市場を作り上げた存在でありながら、ここ数年は苦しい経営を余儀なくされてきた同社は、脆弱な財務体質を改善するため、伊藤忠商事やみずほ銀行(旧第一勧業銀行)系の日本土地建物などへの第三者割当増資を実施。2月6日に総額で約90億円となる払い込みが完了した。(10ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1616文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
ヤナセ
update:19/09/24