日経ビジネス 2003/02/17号

特集 通年企画●日本復活の条件●稼ぐ社長ランキ 第2章
「稼ぐ社長」総合ランキング4位 信越化学工業社長 努力の天才 金川  千尋

 鐘淵化学工業の会長、古田武は、最近ようやく合点がいった。塩化ビニール業界でライバル関係にある信越化学工業に、なぜいつも値段交渉や需給調整で先手を打たれ、苦杯をなめるのか。これだけ市況の変動が激しい業界にあって、なぜ、信越化学だけが増収増益でいられるのか。(36〜38ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4970文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
信越化学工業
update:19/09/24