日経ビジネス 2003/02/17号

戦略 新製品開発 経営
松下電器産業 ライカとの連携がヒットを生む

 昨年の年末商戦。12月の第2週に入った頃、デジタルカメラの売り場ではちょっとした異変が起きていた。富士写真フイルム、ソニー、キヤノンといった大手メーカーが占める売れ筋上位機種の中に突然、松下電器産業のデジタルカメラ「LUMIX(ルミックス) DMC−F1」が入ってきたのだ。 CCD(電荷結合素子)の有効画素数は320万、光学3倍ズームのレンズがついて店頭実売価格は5万円弱。(50〜52ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4893文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
パソコン・デジタルギア > デジタルカメラ > デジタルスチルカメラ
【記事に登場する企業】
パナソニック
ライカ
update:19/09/24