日経ビジネス 2003/02/17号

クローズアップ 進む企業の株離れ リポート
進む企業の株離れ 市場再生は個人投資家の開拓がカギ

 東京電力が金融機関からの持ち合い解消売りの不安に直面している。「本当に頭の痛い話」と、総務部の藤田昇部長は困惑の表情だ。 電力業は、全産業の中でも持ち合い解消があまり進んでいない業種の1つ。同社の金融機関による持ち株比率は直近で23%弱。当然、今年から来年にかけて持ち合い解消の売りが出てくると覚悟しているが、今のところ金融機関側からの打診はないという。(164〜166ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4163文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
政治・経済・社会 > 国内財政 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 株・投資動向
【記事に登場する企業】
NEC
東京電力ホールディングス
日本銀行
預金保険機構
update:19/09/24