日経ビジネス 2003/02/24号

戦略 事業再編 経営
住友ゴム工業 最高益での合併に生き残り託す

 今年7月1日、国内シェア2位のタイヤメーカーが誕生する。昨年末、業界3位の住友ゴム工業が、子会社で5位のオーツタイヤを吸収合併すると発表した。両社合計で21%の国内シェアは、トップを独走するブリヂストンの49.1%には遠く及ばないものの、長年のライバル、横浜ゴムの16.5%を突き放す格好となる。(60〜62ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4877文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
【記事に登場する企業】
オーツタイヤ
住友ゴム工業
ブリヂストン
横浜ゴム
update:19/09/24