日経ビジネス 2003/02/24号

本 著者に聞く パーソナル
富樫 直記 氏[フューチャーフィナンシャルストラテジー社長] 国益増す金融モデルを
『金融  解体か再生か』

バブル崩壊後、何度も繰り返される金融危機に、国民は倦み不感症気味になりつつある。日本の金融は、果たして再生するのか。日銀出身のITコンサルタントという異色の経歴を持つ著者は「国益を考えた金融業の新たなモデルを作れ」と指摘する。(聞き手は佐久間  庄一) ──金融危機という言葉が、何か1年の定例行事のような趣さえ感じられるようになりました。(87ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1651文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > その他(国内経済)
update:19/09/24