日経ビジネス 2003/03/03号

時流超流・トレンド
ホンダに販売機会損失の罠 「新古車」違反問題で販社に警告・注意処分

 自動車公正取引協議会(自公協)は2月20日、自社で新車登録した車を「新古車」として販売したホンダ系ディーラー5社に対し、警告・注意処分を下した。自公協は「新古車」の呼称で車を売ることを禁じている。その違反行為が判明したのは、新車でなければかからないはずの自動車重量税などをディーラーが顧客から徴収し、トラブルに発展したのがきっかけだ。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1742文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > その他(車・バイク−製品・販売)
【記事に登場する企業】
ホンダ
update:19/09/24