日経ビジネス 2003/03/03号

編集長インタビュー 人物
奥田 碩 氏[日本経済団体連合会会長] 改革の先送りを許すな

 問 日本企業の多くが、賃上げありきの仕組みを改め、賃金を抑制する方向にあります。逆に言うと、なぜこれまで、賃金の上昇を抑えてこなかったのでしょう。 答 一言で言えば、バブル期に労使ともにたがが緩んだということでしょう。定期昇給は別としても、ベア(ベースアップ)を続けてきたのはおかしい。本来ベアは、物価上昇分と生産性向上分を合わせた額になるはずです。(104〜107ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6408文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
政治・経済・社会 > 国内経済 > その他(国内経済)
【記事に登場する企業】
トヨタ自動車
日本経済団体連合会
update:19/09/24