日経ビジネス 2003/03/03号

知の経営術 生かせ技術資産4 リポート
研究に「収益の芽」を見出せ

 1980年代の絶頂と90年代の急落と——。まるで日本の景気か株価の動きのような下のグラフは、三菱電機の特許・実用新案の出願件数の推移である。70年代から80年代にかけてのイケイケドンドンが、90年代に一転した背景にあったのは、「拡大の時代が終わった」(中島博行・知的財産センター長)という認識だった。(126〜130ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6611文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
【記事に登場する企業】
協和発酵キリン
住友電気工業
三菱電機
村田製作所
update:19/09/24