日経ビジネス 2003/03/10号

時流超流・トレンド 人スクランブル
嫌われ役に徹する決意 野村出身の斉藤惇氏、産業再生機構の社長に

 昨秋、都内のホテルで金融関係者を集めて開かれたパーティー。住友ライフ・インベストメント(現三井住友アセットマネジメント)の会長ポストを退任する目前の斉藤さいとう惇あつし氏(63歳)はグラスを傾けながら心境を語った。 「親会社の住友生命保険からの独立性を維持できなくなる。住友系と三井系の投資顧問会社5社が合併するからね。(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1800文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
【記事に登場する企業】
産業再生機構
三井住友アセットマネジメント
update:19/09/24