日経ビジネス 2003/03/10号

心と体 診察室 パーソナル
血尿出たら病気を疑え

尿に赤血球が混じっている場合を血尿という。顕微鏡で検査をして初めて赤血球が認められる「顕微鏡的血尿」と、Pさんのように肉眼で見て明らかに赤い尿が出る「肉眼的血尿」とがあるが、いずれも様々な泌尿器系の疾患が想定されるので、まずは医療機関できちんと精密検査を受けることが必要だ。(82ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1368文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > その他(病気・怪我)
【記事に登場する企業】
柏フォレスト腎・泌尿器クリニック
update:19/09/24