日経ビジネス 2003/03/17号

時流超流・トレンド スクープ
村上ファンドの次なる一手 関東天然瓦斯開発に対し“静かな闘争”へ

 村上ファンドの新標的が本誌の調べで判明した。村上ファンドは、昨年、東京スタイルの株主総会で委任状闘争が注目された村上世彰氏率いるM&Aコンサルティング(東京都港区)だ。 今回、新たに東証1部上場の関東天然瓦斯開発に対して自社株買いの株主提案をした。村上氏側は東京スタイルでの失敗から委任状闘争を仕掛けず、他の株主の判断を仰ぐ“静かな闘争”の構え。(7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:773文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
【記事に登場する企業】
M&Aコンサルティング
関東天然瓦斯開発
合同資源産業
update:19/09/24