日経ビジネス 2003/03/17号

特集 ビックカメラ 知られざる流通帝国 第3章
利益の鉱脈押さえた2強 敵はヨドバシ、ヤマダは眼中になし

 ヨドバシカメラ。2003年1月期の売上高は5156億円。コジマが2003年3月期決算を発表した時点で、そのコジマを抜き、業界2位になることが確実視されている。1960年に創業者の藤沢昭和社長が設立した藤沢写真商会がその前身だ。徹底した安売り、東京・新宿西口本店に代表されるターミナルの駅前という店舗立地、豊富な品揃えなど、実に多くの要素がビックと共通している。(38〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8206文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
ビックカメラ
ヤマダ電機
ヨドバシカメラ
update:19/09/24