日経ビジネス 2003/03/17号

本 新刊の森●パーソナル ゼネコン最後の攻防
「土建国家」瓦解の内幕を描く
『ゼネコン最後の攻防』

 銀行の不良債権処理が加速する中、ゼネコン(総合建設会社)は生き残りを賭けた最後の闘いに突入している。日経産業新聞での連載をベースに、担当記者がその内幕を書き下ろした。 財政が悪化し、公共事業が縮小するにつれ、「土建国家システム」は瓦解しつつある。さらに、構造改革を推進する小泉純一郎内閣の誕生によって、ゼネコンは決定的なダメージを受けた。(79ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:628文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
建設・不動産 > その他(建設・不動産) > その他(建設・不動産)
update:19/09/24