日経ビジネス 2003/03/17号

第2特集 日本郵政公社 第2章 綱渡りの財務
最強・郵貯も金利に揺れる

 民間との激しい競争に直面する日本郵政公社。事業基盤の足元が脅かされるだけでなく、その財務内容も不安を抱えたまま4月1日を迎える。ここでも重しになるのは郵便事業だ。郵便貯金など金融事業頼みの公社の経営は果たして持続可能なのか。 郵政事業は公社化とともに、会計の仕組みも姿を変える。(162〜163ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3321文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
日本郵政公社
update:19/09/24