日経ビジネス 2003/03/24号

時流超流・トレンド
損得よりメーンの重み 「みずほ1兆円増資」引き受け顛末記

 みずほフィナンシャルグループが3月期末に計画した、前代未聞の総額1兆円に上る第三者割当増資。約3500社の企業が応じ、目標を上回る1兆800億円を集めた。主な企業に増資を引き受けた理由を尋ねると、「経済合理性にかなっていたから」という回答が多数を占めた。だが、その裏には決断への苦渋も見え隠れする。(10ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1517文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
【記事に登場する企業】
朝日生命保険
カルソニックカンセイ
神戸製鋼所
第一生命ホールディングス
日産自動車
日立製作所
みずほフィナンシャルグループ
安田生命保険
update:19/09/24