日経ビジネス 2003/03/24号

戦略 技術 経営
神戸製鋼所 韓国に負けない鋼板で攻める

 日本を代表する大型造船所、ユニバーサル造船の有明事業所(熊本県長洲町)。日立造船とNKKの造船部門が統合して生まれた同社の主力造船所への造船用鋼板の納入を巡って、鉄鋼業界に静かな波紋が広がっている。開発にほぼ20年を費やした執念の新技術を引っさげて、これまで有明とまったく取引のなかった神戸製鋼所がシェアを浸食し始めたからだ。(50〜52ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4600文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > 金属材料
ビズボードスペシャル > 素材 > 金属材料
【記事に登場する企業】
神戸製鋼所
ジャパンマリンユナイテッド
update:19/09/24