日経ビジネス 2003/03/24号

一刀論断 コラム
人材開発15年遅れ 産学協同でプロ育成を 高橋 潤二郎[アカデミーヒルズ理事長(慶応義塾大学名誉教授)]

 日本は人材開発の面で、残念ながら米国に大きく水をあけられてしまった。その原因を探ると、米国が1985年にまとめた「ヤングリポート」にまでさかのぼれる。この報告書の主要な部分は特許や著作権などの知的財産権の強化であり、日本でも広く知られている。だが、地味ながら人材開発についても、その重要性を指摘している。(214ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1747文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
update:19/09/24