日経トップリーダー 2003/03/01号

社長大学
中国の古典に学んだ経営の原点 道理にかなった商売を追求せよ

「靴下屋」といった靴下の専門店を展開し、九〇年代に急成長を遂げたダン。「経営に奇策はない。原理原則を貫けば道は開ける」と語る越智社長は長年、中国の古典をあらゆる経営判断の拠り所としてきた。今回は、その古典から学んだ教えを経営にどう生かしてきたか語ってもらった。(128〜130ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4396文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン
【記事に登場する企業】
タビオ
update:14/03/28