日経トップリーダー 2003/03/01号

経営指南
仕事の発注をやめても 協力関係は維持したい(機械メーカー社長)

 信頼関係を築き上げるには時間が掛かりますが、崩れるのはあっという間です。特に、今のような不況下で仕事の発注を打ち切れば、相手の会社にとって大きなダメージになるだけに、断り方を誤ると、大きなしこりを残すことになりかねません。 従来の外注先との関係悪化を最小限にとどめるには、二つのポイントがあります。まず、できるだけ早めに相手に意向を伝えること。(147ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1159文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン
【記事に登場する企業】
トラステックスホールディングス
update:14/03/28