日経トップリーダー 2003/03/01号

資産運用プロの裏ワザ
「最悪の損失」を測定し 守りを固めてから攻める リスクマネジメントの極意とは

 第一は「ヘッジ(回避)」である。最悪のシナリオを考え、避ける手段を用意してリスクを限定することをヘッジという。 日本では、既に江戸時代の米相場でヘッジの概念は用いられていた。生産者である農家や仲買の商人は、米価下落という最悪のシナリオに備えて、先物を売って収益を確定していたのだ。 自分の例を話そう。(164ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1916文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
経済・政治・社会 > 国内景気・対策 > その他(国内景気・対策)
【記事に登場する企業】
ロバーツミタニ
update:14/03/28