日経トップリーダー 2003/03/01号

制度・法令
制度法令 医療、農業、教育に 新規参入のチャンス 政府が規制改革の行動計画を公表

 政府の経済財政諮問会議は二月、株式会社による病院、学校経営の解禁など、合計一二項目からなる規制改革のアクションプラン(行動計画)を了承した。いずれも二年以内の実現を目指しており、中小企業にとって、新たなビジネスチャンスが生まれることになりそうだ。 もともと、このアクションプランは、総合規制改革会議(議長・宮内義彦オリックス会長)が作成したもの。(18ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1336文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
総合規制改革会議
update:14/03/28