日経トップリーダー 2003/03/01号

中国レーダー
現地調達のしやすさが魅力 珠江に面し、物流メリットも大

 中国本土への生産拠点シフトを検討している日本企業の間で、現在、最も人気が高いのは上海周辺。それと対照的に、人気に陰りが見えるのが、かつて多くの日本企業が進出した広東グァンドン省だ。 成田から片道三時間で到着する上海に比べて、広東省の省都である広州グァンジョウや、香港に隣接する深 に行くには丸一日は覚悟しなければならない。(15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:617文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
経済・政治・社会 > 国内景気・対策 > その他(国内景気・対策)
update:14/03/28