日経トップリーダー 2003/03/01号

景気
早くも転換点を迎えた 中小企業の景気 商工中金調査部——奥田 峰利

 景気の先行き不透明感が強まる中、一時、回復の兆しが見えかけていた中小企業の景気は、早くも転換点を迎えた可能性がある。 商工中金の「中小企業月次景況観測」によると、中小企業の景況感を示す今年一月の景況判断指数は四三・七。好不況の分岐点である五〇を八二カ月連続で下回った。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1168文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
経済・政治・社会 > 国内景気・対策 > 景気動向・対策
【記事に登場する企業】
商工組合中央金庫
update:14/03/28