日経トップリーダー 2003/03/01号

景気
一月としての負債総額は戦後最悪 小売業、サービス業の経営悪化が深刻に

 二〇〇三年一月の倒産件数は一四三六件(負債一〇〇〇万円以上、帝国データバンク調べ)。前年同月と比べると一一・四%減り、二カ月ぶりに前年を下回った。 一方、負債総額は一兆二一八九億円(前年同月比一四・二%増)となり、一月としては戦後最悪の水準となった。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:720文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
経済・政治・社会 > 国内景気・対策 > 景気動向・対策
update:14/03/28