日経トップリーダー 2003/03/01号

経営ITイノベーション
データベースでお客を“狙い撃ち”
ドラスチックな業態転換を支えた顧客管理システム

 都会のビジネスホテルの話ではない。半世紀の歴史を持つ温泉旅館、紅葉館(福島県郡山市、村田英男社長)の料金設定だ。 単身客に備えただけでなく、この旅館は夕食がオプション扱いで、「一泊朝食付き」が基本となっている。客室係は到着したお客の荷物を運ばないし、お茶も出さない。布団の上げ下ろしもお客に任せる。(56〜58ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2763文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
情報システム > 基幹業務システム > その他(基幹業務システム)
【記事に登場する企業】
紅葉館
update:14/03/28