日経トップリーダー 2003/03/01号

上場ニューフェース
竹内製作所 長野県坂城町・建設機械メーカー 世界の大舞台で晴らす 下請けの悲哀を
大手向けOEMが激減、危急存亡の時をいかに脱したか

 米ソの東西冷戦が一九八九年に終結し、ベルリンを東西に分断していた「ベルリンの壁」が撤去された。その歴史的事業に、ある日本の建設機械が活躍した。長野県坂城町に本社を置く建設機械メーカー、竹内製作所(竹内明雄社長)のミニショベルだった。(62〜65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3694文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 建設施工技術・ツール
【記事に登場する企業】
竹内製作所
update:14/03/28