日経トップリーダー 2003/03/01号

インタビュー
森 豊隆 アイロム 社長
「患者の立場」に発想を変えねば 薬はこれから発展していかない

——薬の臨床試験、「治験」に、医者でも製薬会社でもない第三者として関わってビジネスにしようと考えたきっかけは?森 日本の医療がここまで発展して延命効果が高くなったのには、高い技術を持つ医師の存在がありますが、薬剤の発展によるところが大きいのも厳然たる事実。ただ、新薬の開発は製薬会社や社会的な思惑が強過ぎて、ブラックボックスにならざるを得なかった。(66〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5085文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン
医療・健康・バイオ > 医薬品 > 創薬
【記事に登場する企業】
アイロム
update:14/03/28