日経ビジネス 2003/03/31号 別冊

特別編集版 情報力を鍛え直す 情報力アップ 企業編●ITで情報力を引き
東京海上火災保険 「ITガバナンス」で経営とシステムの乖離を防ぐ

 「経営とITの乖離」は、企業の情報システムのあり方を考えるうえで、最も大きな課題の1つだ。 経営戦略に基づいて、情報化の方向性を決める。その方向性に沿って、情報システムを構築する。一見、当たり前に思えるこのプロセスが、実は当たり前に行われていない企業が多いところに、問題の根深さがある。(96〜100ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5250文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
情報システム > 特定業務システム > 金融業向け情報システム
update:19/09/24