日経ビジネス 2003/03/31号

小さなトップ企業 経営
大英技研(中華総菜製造機の製造・販売) 春巻きで磨いた技術で躍進

 カタン、カタンという小気味よいリズムの音とともに、形が整った春巻きが次々に出てくる(写真右)。武骨な機械からは想像しにくい繊細な“仕事ぶり”だ。春巻きと言えば中華料理の定番だが、この機械を開発したのは中国や台湾のメーカーではない。社員数47人の日本企業、大英技研だ。 「これは米国のアトランタにある冷凍食品メーカーに出荷するところ」。(74〜75ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3007文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
【記事に登場する企業】
大英技研
update:19/09/24