日経ビジネス 2003/03/31号

イラク戦争
米支持は対北朝鮮政策 高村正彦・元外相「イラク復興にノウハウ提供を」

 対イラク戦争は是なのか非なのか。小泉政権は政府見解の十分な説明を欠いた感が強い。自民党衆院議員の高村正彦・元外相に真意を聞いた。 問 小泉純一郎首相は、米国のイラク攻撃に対して一貫して支持を表明していました。日本の対応としてはほかに選択肢はなかったのでしょうか。 答 「ノー・チョイス」ですね。世評、イラク問題に対する誤解が蔓延しています。(9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1674文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
政治・経済・社会 > その他(政治・経済・社会) > その他(政治・経済・社会)
【記事に登場する企業】
自民党
update:19/09/24