日経ビジネス 2003/03/31号

イラク戦争 米国市場
投資の達人・バフェット氏に募る米国経済への不安 見えぬ企業戦略、株は買わない

 米英軍が3月19日(日本時間20日)からイラクへの攻撃を続ける中で、米株式相場は乱高下している。戦局に楽観的なブッシュ米大統領の発言を受けて、ダウ工業株30種平均は21日に8500ドル台まで回復した。しかし、24日には8214ドルまで急落した。 米軍関係者は「作戦は順調」と繰り返すが、市場関係者は不安をぬぐえない。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3461文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 株・投資動向
【記事に登場する企業】
米バークシャー・ハザウェイ社
update:19/09/24