日経ビジネス 2003/03/31号

時流超流・トレンド 深層 スクープ
メーンバンクの三井住友、全債権を外資に売却 宙に浮くフットワーク再建

 約1400億円の負債を抱え、2001年3月に破綻した会社更生手続き中の運送会社、フットワークエクスプレス(大阪市)の再建を巡り、14日に予定されていたフットワークの保有不動産の競争入札が急遽、見送られていたことが分かった。主力取引銀行の三井住友銀行が3月上旬、債権の全額330億円を米モルガン・スタンレーの関連会社であるGHYキャピタルに売却。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3152文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
オー・エス・エル
GHYキャピタル
フットワークエクスプレス
三井住友銀行
update:19/09/24