日経ビジネス 2003/03/31号

技術&イノベーション リポート
人工眼 網膜チップで視覚を再生

 もう一度、光を取り戻したい——。病気やけがで視力を失った人にとっては、これこそが切実な願いだ。現在、日本には目の見えない人が約10万人おり、暗闇の世界での生活を余儀なくされているという。 そうした人たちが待ち望む「人工眼」の開発が本格化してきた。(110〜112ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3611文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > その他(医療機器・用品・システム)
【記事に登場する企業】
大阪大学
新エネルギー・産業技術総合開発機構
ニデック
update:19/09/24