日経ビジネス 2003/04/07号

時流超流・トレンド
米政府の「プライバシー侵害」 パトリオット法の乱用で、深まる米IT業界の苦悩

 3月23日、米アリゾナ州のスコッツデールで開かれた「PCフォーラム」は、リゾート地らしからぬ緊張感に包まれていた。米軍によるイラク攻撃が始まった直後だったからだ。初日に講演する予定だった米オラクルのラリー・エリソン会長兼CEO(最高経営責任者)は、当日になって欠席を決めた。 「個人のプライバシーと政府と企業」。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1662文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
【記事に登場する企業】
米連邦捜査局(FBI)
update:19/09/24