日経ビジネス 2003/04/07号

時流超流・トレンド
ドイツポスト、日本に興味なし 郵政公社のお手本、参入にはメリット感じず

 小泉純一郎首相の民営化路線の象徴である日本郵政公社が4月1日、発足した。そのお手本となったのは、ドイツの郵便会社、ドイツポストである。小泉首相がクラウス・ツムウィンケル同社会長と会い、「日本にもドイツポストを作りたい」として協力を求めたのは昨年5月のことだ。 確かにドイツポストは1990年から郵政民営化に取り組んできた大先輩。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1501文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
独ドイツポスト社
日本郵政公社
update:19/09/24