日経ビジネス 2003/04/14号

特集 通年企画●日本復活の条件 トヨタより強い会社 ヒロセ、シマノ、FC
電機編 IT不況、どこの話 ? 8年間売上高ゼロでも潰れない奇跡
日東電工 液晶向け偏光フィルム ニッチでも世界首位12事業の独創力

1個100円にも満たないコネクター  の専業メーカーながら、松下電器産業の22倍もの収益力を誇り、トヨタ自動車の3倍に相当する現預金を保有する。ヒロセ電機のすごみをご理解いただくには、こんな単純な数字こそ百万言にも勝る説得力を持つ。 売上高営業利益率は30%に迫り、損益分岐点比率は軽く50%を下回る。(30〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7325文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
シマノ
ソニー
トヨタ自動車
日東電工
パナソニック
ヒロセ電機
米連邦通信委員会
update:19/09/24