日経ビジネス 2003/04/14号

特集 通年企画●日本復活の条件 トヨタより強い会社 ヒロセ、シマノ、FC
機械編 衰退にもチャンスあり お客様の声を聞いて、強さに磨き
シマノ自転車部品 世界の高ブランド支える現場の“黒帯” タムロンデジカメ用レンズ 注文を断らない、無理の利く工場

日本国内に供給される自転車の総数は2002年で1140万台。このうち東南アジア、中国などからの輸入自転車は全体の73%を占める。自転車は空洞化が進んだ典型的な製品だ。日本企業の国内工場からの国内市場への出荷総額は2002年で447億円に過ぎない。だが、こうした逆風下でも確固としたブランドを確立し、きっちり収益を上げている部品メーカーがある。ご存じの読者も多いだろう。(36〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5656文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
パソコン・デジタルギア > デジタルカメラ > デジタルスチルカメラ
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > その他(車・バイク−製品・販売)
【記事に登場する企業】
シマノ
タムロン
update:19/09/24