日経ビジネス 2003/04/14号

心と体 診察室 パーソナル
物忘れにも「警戒レベル」あり

人の名前や電話番号、果ては大事な約束をころっと忘れてしまう——。こうした「物忘れ」は、ビジネスマンにとって深刻な問題だ。 だいたい40代から、物忘れがひどくなる人が多いようだが、これには2つ理由がある。1つは、加齢による脳の記憶容量の低下。そして、忘れられがちなもう1つの理由は、仕事の性質が変化することにある。(64ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1344文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > その他(病気・怪我)
update:19/09/24