日経ビジネス 2003/04/21号

特集 新流通革命●売れる値付け 脱・安売りは時 第1章
「顧客」を変えないと価格は変えられない コンビニ救った「高級おにぎり」

コストを切り詰め、粗利を削って値段を下げても、モノが売れない。値下げで一時的に消費者が飛びついても、長続きしない。他が追随し、先行者利益は瞬く間に消えていく。ライバルが安売り競争から脱落するのを待つ消耗戦には恐らく勝者はいない。それが「デフレ」だ。発想を変えてみよう。(30〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4648文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > その他(食品・外食産業)
【記事に登場する企業】
セブン-イレブン・ジャパン
日本マクドナルド
ファミリーマート
update:19/09/24