日経ビジネス 2003/04/21号

戦略 市場開拓 経営
NTTドコモ(携帯電話最大手) 「FOMA」の呼び名が消える日

 「今年は、FOMA(フォーマ)の年にしたいと思っている」——。2003年2月、記者会見に臨んだNTTドコモの立川敬二社長はこう宣言した。過去のFOMAの実績から考えると、かなり強気な発言に聞こえるが、それなりの裏づけがある。2003年1月に発売された新機種が店頭で一時的に品薄になるほど、FOMAの契約数が伸び始めていたからだ。(62〜64ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5120文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(携帯・PHS) > ネット接続サービス(携帯・PHS)*
通信・ネットワーク・放送 > 企業向けインターネット接続インフラ(携帯・PHS) > ネット接続サービス(携帯・PHS)*
【記事に登場する企業】
NTTドコモ
サイバード
ソフトバンクモバイル
update:19/09/24