日経ビジネス 2003/04/28号

時流超流・トレンド In the Market
イラク効果で出直る日揮に1000円の壁 次の追い風は環境関連か

 イラク戦争を追い風に株価が上昇した典型的な業界がある。エンジニアリング業界だ。国内最大手、日揮の株価は戦争の早期終結が見えた4月7日、昨年6月以来の900円台を回復。開戦前日の3月19日終値と比べると16.8%の上昇だ。値上がり率では千代田化工建設、東洋エンジニアリングが上回るが、開戦前の株価はそれぞれ200円台、100円台と低水準。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1562文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
千代田化工建設
東洋エンジニアリング
日揮
update:19/09/24